Wednesday, April 22, 2009

なつやすみのよえい

ことしのなつやすみ、わたしはわせだだいがくのなつのプログラムにさんかしたいです。このプログラムはろくじゅうかんわせだだいがくでにほんごをべんきょうして、にほんのとかいのなかですんでいることができます。ちょっとたかいですが、わたしはぜひにほんごをべんきょうしたいからいまじゅんびしています。これから、かんこくのうちにいききます。いまはよていがありませんですが、いくらでもいきたいんです。そしてわたしのともだちがかんこくにくるとおもっているから、ともだちがきたら、ともあちとあそびます。でも、ともだちがこないたら、にほんごをべんきょうして、らいねんのくらすのメタリアルをよしゅうします。ぜひたのしいなつやすみになるとおもいます。

Monday, April 20, 2009

Sakubun Contest

かのじょう?

わたしは かのじょうが ありません。じつは ぜんぜんあっていませんでした。
いつもわたしがわtしに”どうしてですか”ときくけどじつはほんとうのりゆうをわかるとおもいます。わtしがじゅうにさいのときおんあのこにこくはくをもらいました。いまはだれでもいいとおもいますけど、あのとき、けいかんがぜんぜんありませんでした。クラスがおわってからおんあのこがそれでいいました。
″きょるこさん、きょうは Valentaine's dayから。”
そしてわたしにちいさくてきれいなはこをくれました。でもそのときいまクラスがおわってから、おんあのこに
”ああ、どうしてわたしにこれをくれましたか?かばんをいましめmしたよ、くうかんおありませんね。これはなんですか。ええchocolateですね。とてもいいだ。かえるときたべますよ。おなかがすきましたよね。”
そしておんなのこは
”ああじゃんねんですね。。。”といってなにでもいいませんでした。
わたしはあのときちょっと、いいえ、たくさんばかでしたから、”じゃまたあした”といってへやをでました。
そのもう悪いですけど、ほんとうに悪いことは、はこのなかにてがみがあるけど、よんでから、
”ええ。。。いじょうなおんなのこですね、じがへただ。”
とおもってかみをすてました。それからなにでもおんあのこにいいませんでしたからかんけいがわるくなりました。
いまかのじょがないからさびしいからこのときをたびたびおもいだします。
たぶんあのおんなのこがわたしにじゅそうしていまs。
わたしのかぞくはおとこのひとがとしをとるとき紙がなくなりますからその前にかのじょをつくらなければなりませんでした。
こんどはがんばります。

Sunday, February 22, 2009

Composition

りょこうね!
日本の北海道はどう?私は二年前にいきて、とてもおもしろかった。
さっぽろへいったことがある?おいしいりょうりやあたたかいおんぜんなどが
おおいいあるね。そして、あいぬのまちもある。あいぬはにほんのindigenous
ひとね。いろいろなやまのなかですんで、おもしろいおんがくをする。それから
熊のぼくぞがある。ぼくぞで熊のたべものをかって熊にあげることができる。
えーと、なまえはわすれれるけど、島に鹿のぼくぞもある。島にあるから、
ふねにいかなければなりませんよ。鹿がとてもおおいよ。これから、北海道
はどうですか?

Thursday, November 20, 2008

にほんごのビデオ!

わたしたちわごぜんじゅにじからごぜんさんじはんまではたらきました。でもベデオはとてもおもしろいです。ベデオのなかにわたしがはなします。”LEEEEEEROOOOOOY JEEENKIINS"はわたしのです。とてもうるさいです。すみません。。。でもたべものがたくさなりますから、すこしたべませんでした。

Thursday, October 2, 2008

Trip to Hokkaido

During the summer before the last summer, I went to Japan with my family. We had no guide, no tour bus, but just a book with some rudimentary expressions and spirit to go with. I am still very thankful for the fact that our family was able to have fun at all without being able to speak Japanese, and also for the fact that we got back in time to catch the return flight. Our trip was rather short, just 3 nights and 4 days, but seems like we had spent much longer time there, maybe it was the relaxing effect from all the onsen that we went to, practically twice a day. Not surprisingly my family was all in for having good food, and although there were many that we visited, the one place I remember the most is a place called "Milkmura Garden". This one isn't really a restaurant but a dessert place, and a very good one at that. They sell a speical type of ice cream where each serving comes out with about 40 different kinds of syrup that one can put on ice cream ranging from maple syrup to chocolate whiskey. In fact, my family ended up ordering about three or four more servings just to try them all out. The price was... let me just say it was well worth it. When my fmaily returned to airport, that was a minor surprise as well, which was the fact that since Korea and Japan were so close and had so many visitors both ways, the visa was no longer required for the tourists. Of course the flight back to Korea was so short that I felt as though I had but a brief nap. I plan on having a good long slumber in Japan in coming years. Nighty night~

Thursday, September 18, 2008

Why I chose to study Japanese

Of course there can be many reasons I could come up with as to why I chose to take Japanese, but the single biggest reason why I chose to take the class was because I feel akin to them. Granted, I am a Korean, and many people understand that Koreans and Japanese have rather deep rooted hostility against one another. This fact, however, often over-shrouds the fact that we share much of the culture in common as well. Our languages, for example, though sound completely different, are extremely similar in grammar structure, not to mention the fact that the two both base their fundamentals on Chinese characters. Growing up, I was exposed to the best of Japanese culture such as their painstakingly drawn comic books and these exposures led me to have lot more interest in Japanese culture as a whole. I might add that taking Japanese class is like a refreshment to my arid college life as well, since I am 'supposedly' an engineer and all the classes I get to take are concerned with exacting and life-sapping numeric. What better than to stumble upon a completely different way of communicating when trying to escape all-too-powerful pressure of numbers after numbers? That is exactly why I chose to study Japanese, its just new to me.

Tuesday, September 16, 2008

Introduction

わたしは キョルコです。コロンビアだいがくの がくせいです。アメリカの だいがくに べんきょします、でも 韓国からきました。わたしの かぞくは ちちと ははと おねえと わたしです。

ちちは かいしゃいんです。ごじゅうごさいですが まいにち あさから ばんまで はたらきます。ははも うちに まいにち あさから ばんまで はたらきます。

おねえは スミスだいがくの がくせいです。美術史を べにょします。

わたしわ えんぎにやですが、数学が どても きらいです。わたしは 数学が へたです。でも コロンビアだいがくが どても すきです。ニュよくは いれくないですが、コロンビアだいがくは きれいと にぎやかです。わたしは コロンビアの せいがつに なれました。

わたしの へやは Furnald 305です。きてください。

-キョルコ-